今夜~あす 日本海側山沿い中心に雪強まる 関東でも雪のおそれ

低気圧や上空の寒気の影響で、6日夜遅くから7日にかけて日本海側の山沿いを中心に雪が強まり、東日本と西日本の太平洋側の山沿いでも雪が降るおそれがあります。
積雪が多くなっている地域では雪下ろし中の事故などに注意するほか、関東の平地でも雪が降る可能性があり、最新の気象情報を確認するようにしてください。

気象庁によりますと、6日夜から7日にかけて低気圧が日本海を通過するほか、前線を伴う別の低気圧が日本の南の海上を東へ進む見込みです。

このため、6日夜遅くから7日にかけて広く雨や雪となり、日本海側の山沿いでは局地的に雪が強まるおそれがあります。

また、東日本や西日本の太平洋側の上空1500メートル付近にはマイナス3度の寒気が流れ込むため、四国や東海の山沿いを中心に雨や雪が降り、関東でもところによって雪が降るおそれがあります。

気象庁は7日は都内でも一時、雪が舞う可能性があるとしています。

ただ、日本の南を通過する低気圧のコースや発達の程度によっては予報が大きく変わるおそれがあるため、今後、気象庁が発表する最新の情報に注意してください。

北日本や東日本の日本海側を中心に平年の2倍を上回る積雪となっているところもあり、雪が弱まったとしても落雪や雪下ろし中の事故に注意が必要です。

また、来週11日の水曜日ごろからは全国的に気温が平年よりかなり高くなるとして気象庁は「高温に関する早期天候情報」を発表しています。

気象庁は、積雪の多い地域では雪どけによる雪崩などにも注意するよう呼びかけています。