鶴岡八幡宮で3年ぶり「手斧始式」 建築業者が安全祈願 神奈川

神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で、建築関係者が1年の工事の安全を祈る神事、「手斧始式(ちょうなはじめしき)」が3年ぶりに行われました。

「手斧始式」は鎌倉幕府を開いた源頼朝が、鶴岡八幡宮を建てた際に行った神事が始まりとされ、毎年1月4日に地元の建築関係者が行っています。

新型コロナの影響でことしは3年ぶりの開催となり、境内に伝統の「木遣歌」とともに長さおよそ4メートルのご神木が運び込まれると、装束に身を包んだ建築関係者が大きなのこぎりをひいたり、糸を張って墨の線をひいたりして、古くからの工事の所作を再現しました。

そして「手斧」と呼ばれるおのをご神木に打ち下ろし、この1年の工事の安全を祈願しました。

横浜市から訪れた80代の男性は「とても神聖な儀式で、古くから鶴岡八幡宮が職人を大切にしていたことがよく分かりました」と話していました。

鎌倉建築組合の山ノ上功次さんは「3年ぶりに神事を務めることができました。これを機に、新型コロナも含めてすべてがよい方向に回って、1年を過ごせればと思います」と話していました。