「うどん県」香川 年越しうどんで各地の店にぎわう

大みそかの31日、「うどん県」・香川にある各地のうどん店では、午前中から多くの客が年越しうどんを求めて訪れにぎわっています。

香川では「長く生きられるように」と願いを込めるという年越しそばに、もう一つ願いを足して「太く長く生きられるように」と年越しうどんを食べる習慣があります。

高松市中心部にある老舗のうどん店では、大みそかの31日、ふだんの倍以上の1500玉が用意され、午前中から地元の人たちなどが次々と訪れています。

そして、香川流のセルフ式で注文したかけうどんなどにそれぞれ好みの薬味を盛りつけて、さぬきうどんならではのコシと、のどごしを堪能していました。

また店には、持ち帰り用も用意され、自宅で家族とゆっくり楽しもうと買い求める客も多く見られました。
関東地方から夫婦で香川に帰省したという男性は「来年は仕事もプライベートもさぬきうどんのようにコシのある1年にしたいです」と話していました。

また東京から家族で観光に訪れた5歳の女の子は「かけうどんがおいしかったです。来年は小学生になるので、勉強を頑張りたいです」と話していました。