税務署勤務の女性職員 風俗店で兼業 税務申告もせず 懲戒免職

東京国税局管内の税務署で勤務していた24歳の女性職員が、およそ1年間にわたって、無許可で風俗店で働いていたなどとして、23日付けで懲戒免職になりました。この職員は風俗店での兼業で報酬を得ていましたが、国税局の内部調査が始まるまで税務申告していなかったということです。

懲戒免職になったのは、東京国税局管内の税務署で勤務していた24歳の女性職員です。

東京国税局によりますとこの職員はことし4月までのおよそ1年間に合わせて165日、上司の許可を取らずに複数の風俗店で働いていたほか、税務署職員の懇親会費26万円を無断で持ち出し、個人的な飲食に充てるなどしていたということです。

この職員は風俗店で兼業することで860万円余りの報酬を得ていましたが、必要な税務申告を行わず、ことし7月、外部からの情報提供で国税局の内部調査が始まったあと申告したということです。

職員は内部調査に対し、無許可で兼業した理由について「街でスカウトされた。ホストクラブに通う費用を工面するためだった」などと説明しているということです。

東京国税局は「誠に遺憾で、厳粛に受け止め再発防止に努めたい」などとコメントしています。