自民 首相発言 “発表に誤り”「国民」を「われわれ」に修正

自民党は、13日の役員会で岸田総理大臣が防衛費増額の財源を賄うための増税の必要性を指摘した発言について、一部、発表に誤りがあったとして修正しました。

自民党は13日の役員会で岸田総理大臣が防衛費増額をめぐり「責任ある財源を考え、今を生きる国民がみずからの責任としてしっかりその重みを背負って対応すべきものだ」と発言したと発表していました。

これについて自民党は14日、このうち「今を生きる国民」とした部分は誤りで、岸田総理大臣は実際には「今を生きるわれわれ」と発言していたとして、党のホームページで修正して公表しました。

関係者によりますと事前に用意された発言要領では「国民」となっていて、岸田総理大臣が「われわれ」と言いかえたものの、そのまま発表されたと見られるということです。

別の関係者は、自民党の発表のあとインターネット上で「上から目線だ」などと批判が出ていたことから、政府側が党側に修正を求めたとしています。

松野官房長官 “将来に負担先送りしない重要性訴えたもの”

防衛費の増額に関連し、岸田総理大臣が国民の責任に言及したとする発表は誤りだったと自民党が修正したことをめぐり、松野官房長官は、発言の真意は将来に負担を先送りしない重要性を訴えたものだったと説明し、理解を求めました。

防衛費の増額について、自民党は党のホームページで岸田総理大臣が13日の会合で「今を生きる国民がみずからの責任として対応すべきものだ」と発言したと紹介していましたが14日、実際には「国民」ではなく「われわれ」と発言していたと修正しました。

松野官房長官は記者会見で、岸田総理大臣の秘書官が14日、誤りに気付き、自民党側に訂正を求めたことを明らかにしました。

そのうえで、発言の真意について「国民の平和で豊かな暮らしを守り、私たちの世代が未来の世代に責任を果たすために協力をお願いする趣旨だった」と説明し理解を求めました。