アスベストで労災認定 昨年度は1075人 11年連続1000人超

建設現場や工場などで働いていてアスベストを吸い込み肺がんや中皮腫などになったとして労災と認定された人は、昨年度、1075人となり、11年連続で1000人を超えました。

これは厚生労働省が発表したもので、労災と認定された1075人の内訳を業種別にみると、建設業が659人と全体の61%を占め、次いで製造業が329人で31%でした。

事業所の所在地で多かったのは、
▽東京都が171人▽北海道が90人▽大阪府が83人、などとなっています。

労災の認定が1000人を超えるのは11年連続です。

また、労災保険の請求権が時効となった遺族を対象にした「特別遺族給付金」の支給が決まったのは、昨年度は31人でした。

厚生労働省によりますと、アスベストは2006年に使用などが禁止されましたが、吸い込んでから発症するまで長い場合は50年ほどの潜伏期間があるとされています。

厚生労働省は、昨年度労災と認定された人が働いていた966の事業所をホームページで公表し、かつて働いていたり近所に住んでいたりして不安のある人には相談を呼びかけています。

15日と16日の2日間は、専用の窓口を設けて午前10時から午後5時まで、電話番号「03-3595-3402」で相談を受け付けることにしています。