ワールドカップ クロアチアがブラジルを破り2大会連続ベスト4

サッカーワールドカップカタール大会、決勝トーナメントの準々決勝、クロアチア対ブラジルはクロアチアがペナルティーキック戦の末、優勝候補のブラジルを破り、2大会連続のベスト4に進みました。

決勝トーナメントの1回戦で日本をペナルティーキック戦の末に破った世界12位のクロアチアと、世界ランキング1位で史上最多となる6回目の優勝を目指すブラジルの試合は、ドーハ近くにあるエデュケーション・シティスタジアムで日本時間の10日午前0時から行われました。

試合は前半、ブラジルがエース、ネイマール選手のドリブルなどでゴール前に攻め込んだ一方、クロアチアはサイドを使った攻撃でチャンスを作りましたが、互いに相手の守備を崩せず0対0のまま前半を終えました。

後半、クロアチアはブラジルの巧みなパスの連係で再三、ピンチを招きますが、ゴールキーパー、ドミニク・リバコビッチ選手の好セーブで得点を許さず、両チーム無得点のまま延長戦に入りました。

延長戦で、クロアチアは前半のアディショナルタイムにブラジルのネイマール選手に先制点を決められましたが、後半12分にブルノ・ペトコビッチ選手がクロスボールを左足で合わせて同点に追いつき、勝負はペナルティーキック戦にもつれました。

先攻のクロアチアは、ゴールキーパーのリバコビッチ選手がブラジルの1人目を防ぎ、蹴っては4人連続で成功しました。
そして、4対2で迎えたブラジルの4人目、マルキーニョス選手のシュートがゴールポストに当たって失敗となり、クロアチアが日本戦に続くペナルティーキック戦を制して優勝候補のブラジルを破り、準優勝した前回大会に続くベスト4に進みました。

クロアチア リバコビッチ「最高の気分 とてもうれしい」

ピンチを再三の好セーブでしのぎ、ペナルティーキック戦でも相手のシュートを防いだクロアチアのゴールキーパー、ドミニク・リバコビッチ選手は「最高の気分だし、とてもうれしい。ほかになんと言えばいいかわからない」と喜びを語りました。

そして今後に向けて「私たちは目の前の1試合1試合に集中している。一生懸命戦ってピッチですべてを出していきたい」と気を引き締めていました。

ブラジル ネイマール 通算77点目 『王様』ペレさんに並ぶ

ブラジルのネイマール選手が延長前半のアディショナルタイムに代表通算77点目をマークし『サッカーの王様』と呼ばれる、元ブラジル代表ペレさんの記録に並びました。

ネイマール選手は、クロアチアとの試合に先発出場しました。そして、延長前半のアディショナルタイムに味方とのパスの連係でペナルティーエリア内に攻め込むと、最後は相手のゴールキーパーをかわしてゴールを決めました。

このゴールはネイマール選手のブラジル代表として通算77点目で『サッカーの王様』と呼ばれるペレさんが持つ記録に並びました。

ネイマール選手は30歳。サッカー王国・ブラジルをけん引するエースで、ドリブルの技術やシュートの正確さ、それに味方を生かすパスなど、すべてにおいて世界トップレベルです。
ペレさんは、ブラジル代表としてワールドカップ4大会に出場し、優勝3回、個人では14試合に出場し、12ゴールを挙げています。ブラジル代表やサントスFCなどのキャリアで獲得したゴール数は通算で1200を超えるなど、数々の記録を残しています。

クロアチア PK戦では4戦負けなし

クロアチアは準優勝した前回大会から数えてペナルティーキック戦では4戦負けなしです。

前回、2018年のロシア大会では決勝トーナメント1回戦のデンマーク戦と、準々決勝のロシア戦でペナルティーキック戦となり、いずれも勝利しました。
今大会、決勝トーナメント1回戦の日本戦に続き、準々決勝のブラジル戦でもペナルティーキック戦になりましたが、ゴールキーパーのドミニク・リバコビッチ選手が好セーブを見せたほか、キッカーが落ち着いてコースをねらうなど確実に接戦をものにしています。

クロアチア ダリッチ監督「偉大な勝利 選手たちに脱帽」

クロアチアのズラトコ・ダリッチ監督は試合後の記者会見で「偉大な勝利の1つだ。戦術的には、達人のようにうまく賢く試合全体をコントロールできた。負けていても相手に追いつき、チームの意地や諦めない気持ちを再び見せることができた。優勝候補に勝った選手たちに脱帽だ」とたたえました。

勝因については中盤の攻防を制したことをあげ「世界一優秀な中盤の選手たちがブラジルにボールを奪われなかった。中盤でボールを落ち着かせ、慌てずにプレーできたことが勝利の決め手になった」と振り返りました。

そして、ペナルティーキック戦での勝利については「ペナルティーキック戦に持ち込むにも努力が必要で、決して簡単なことではない。私たちは意地を見せることができたと思うし、それがチームの特徴だ。ペナルティーキック戦になった時点で、自分たちが本命で、相手が負けそうだという感じさえしていた」と話していました。