W杯 三笘クロス「ボール全体外に出てない証拠得た」 FIFA

日本対スペインの試合で、日本の勝ち越しゴールにつながった三笘薫選手のクロスボールについて、FIFA=国際サッカー連盟は「ボールの全体が外に出ていないという証拠が得られた」と公式のツイッターで説明しました。

12月1日、日本時間の2日に行われた1次リーグの日本対スペインの試合では、三笘選手がゴールラインを越えそうになったボールをぎりぎりで折り返し、田中碧選手の勝ち越しゴールにつなげました。

この場面では、VAR=ビデオ・アシスタント・レフェリーと呼ばれる審判がビデオ判定を行い、ゴールが認められました。
これについてFIFAは、公式のツイッターにゴールラインの横から撮影したプレーの動画とともに「ボールの一部がライン上にあるかどうかを映像で確認した」と投稿しました。

そのうえで「ほかのカメラでは誤解を招くかもしれないが、ボールの全体が外に出ていないという証拠が得られた」と説明しました。