農産物のブランド品種 海外での無断栽培防ぐ組織設立へ

国内で開発された農産物のブランド品種が海外で無断で栽培されるケースが相次ぐ中、農林水産省は、こうした栽培を防ぐための対応などを一元的に行う組織を国の研究機関である農研機構などと連携して設立することになりました。

日本で開発された農作物のブランド品種で高級ぶどうとして人気の高いシャインマスカットやルビーロマンなどが海外で無断で栽培されるケースが明らかになっています。

去年、改正された種苗法で、無断で種や苗を海外に持ち出すことなどは規制されています。

ただ、海外で無断で栽培されることを防ぐために国ごとに品種登録を行う手続きはブランドを開発した都道府県や企業などには負担が大きく、体制の整備が課題となっていました。

このため農林水産省は、こうした手続きだけでなく、海外での栽培を認めたうえで利用料を集めるなどの対応を一元的に行う組織を国の研究機関である農研機構や都道府県などと連携して設立することになりました。

来年度から一部の品種を対象に取り組みを始めることにしています。

農林水産省はブランドを開発した都道府県などに海外の事業者などからきちんと利用料が支払われる環境を整備することで、新たな品種開発を進める資金の確保につなげるなど国内農業の振興を進めたいとしています。