円相場 1ドル=133円台まで値上がり 133円台はことし8月以来

2日の外国為替市場、円相場は、午後6時前に1ドル=133円台まで値上がりしました。
133円台となるのは、ことし8月以来、3か月半ぶりです。

アメリカの景気が今後、一段と減速し、FRB=連邦準備制度理事会が大幅な利上げのペースを緩めるという見方が強まってじりじりと円高が進み、午後6時前には、ことし8月以来3か月半ぶりに133円台をつけました。

午後5時時点の東京市場の円相場は、1日と比べて1円88銭、円高ドル安の1ドル=134円64銭から66銭でした。

また、ユーロに対しては、1日と比べて、25銭、円高ユーロ安の1ユーロ=141円77銭から81銭でした。

ユーロはドルに対して、1ユーロ=1.0529から30ドルでした。

市場関係者は「FRBのパウエル議長が先月30日に行った講演で利上げペースを緩めることを示唆したこともドルが売られやすい状況をつくっている。市場ではアメリカの景気の現状を見極めようと日本時間の今夜発表されるアメリカの雇用統計への注目が高まっている」と話しています。