ワールドカップ 世界2位ベルギー敗退 モロッコは36年ぶり決勝T

サッカーワールドカップカタール大会の1次リーグ、グループFのカナダ対モロッコはモロッコが2対1で勝ち、グループの1位で36年ぶりとなる決勝トーナメント進出を決めました。

また同じグループFのクロアチア対ベルギーは0対0で引き分け、クロアチアがグループ2位で決勝トーナメント進出を決めました。世界ランキング2位で前回大会3位のベルギーは3大会連続の決勝トーナメント進出はなりませんでした。

【カナダ×モロッコ】

試合は、ドーハにあるアルスマーマスタジアムで日本時間の2日午前0時から行われました。
モロッコは前半4分、カナダのクリアミスを前線で奪って先制し、23分には、フォワードのユーセフ・エン ネシリ選手が、カナダのディフェンダーの裏を狙ったロングパスから正確なシュートを決めて追加点を奪いました。

一方、1次リーグ敗退が決まっているカナダも40分にゴール前に入れたクロスボールがモロッコのディフェンダーに当たってオウンゴールとなり、1点を返して折り返しました。

後半は運動量が落ちたモロッコに対し、カナダがスピードに乗った攻撃やセットプレーで見せ場を作りましたが、モロッコが集中した守りでリードを守りきりました。
モロッコは1次リーグを2勝1引き分けの勝ち点7としてグループFの1位で1986年のメキシコ大会以来、36年ぶりとなる決勝トーナメント進出を決めました。

カナダはアメリカ、メキシコと共催する4年後の大会に向けて有終の美を飾ることはできず、3連敗で大会を終えました。

【クロアチア×ベルギー】

前回大会準優勝のクロアチアと世界ランキング2位で前回3位のベルギーとの対戦となったグループFの第3戦はドーハ近くにあるアハマド・ビン・アリスタジアムで行われました。

0対0で迎えた後半、引き分け以上で突破が決まるクロアチアは開始早々からルカ・モドリッチ選手を中心に立て続けに決定的なチャンスを作りましたがベルギーのゴールキーパー、ティボー・クルトワ選手の好セーブに阻まれました。
一方、ここまでグループ3位と厳しい状況に追い込まれていたベルギーも後半からエースのロメル・ルカク選手を投入してゴール前に何度も攻め込みましたが、こちらも最後までゴールを決めることはできず0対0で引き分けました。
この結果、クロアチアが1勝2引き分けの勝ち点「5」でグループ2位となり、決勝トーナメントに進みました。
優勝候補のベルギーは1次リーグの3試合でわずか1得点と決定力を欠き、3大会連続の決勝トーナメント進出はならず、はやくも姿を消しました。

決勝トーナメント進出状況

日本の入るグループEの1位のチームがクロアチア。2位のチームがモロッコと対戦することになります。