橋本聖子元組織委会長 2030年札幌五輪招致「非常に厳しい」

東京オリンピック・パラリンピックのテスト大会に関連する入札の談合事件について、大会組織委員会の会長を務めた自民党の橋本聖子 元担当大臣は、東京大会の意義と価値が問われるとして、積極的に捜査に協力する考えを示しました。

このなかで、橋本氏は「組織委員会の解散後に清算人を残していて、捜査に協力している。どういった状況であるか示さないかぎり、東京大会の意義と価値が問われると思っており、最後まで捜査に協力したい」と述べました。

そのうえで、2030年冬の大会の札幌市への招致について「非常に厳しいと思う。札幌市や北海道の皆さんに、今回の事件が2030年の大会とは全く別だとは思われていないのが現状であり、そういったことが明確にされないかぎり、なかなか今の支持率から上がっていくのは難しい。1日も早く事件が解明され、新たな誘致のスタートが切れるようにしなければならない」と述べました。