「遊戯王」など “レアカード” 仕入れ装い4500万円脱税か

人気アニメのトレーディングカードの販売などを手がける都内の会社の元代表が、高額で取引されるいわゆる「レアカード」を数多く仕入れたように装う手口で所得を隠し、法人税などおよそ4500万円を脱税した疑いで、東京国税局から告発されました。

告発されたのは、▼東京 板橋区に本社があるトレーディングカードの販売会社「カードラボ」と、▼この会社の西浦恵一郎元代表(47)です。

関係者によりますと、西浦元代表は、人気アニメの「遊戯王」や「ポケットモンスター」のトレーディングカードのうち、1枚数十万円などの高額で取引されるいわゆる「レアカード」を知人から数多く仕入れたように装い、会社の所得を少なく見せかけた疑いがあるということです。

東京国税局査察部は去年10月までのおよそ3年間に1億5300万円の所得を隠し、法人税などおよそ4500万円を脱税したとして東京地方検察庁に告発しました。

関係者によりますと不正に得た資金は西浦元代表が交際費や生活費などに充てていたということです。

NHKの取材に対し、カードラボは、「多大なご心配をおかけすることになり、誠に申し訳なく考えております。国税当局の指導に従って修正申告や納税を済ませており再発防止や社内教育に真摯に取り組んで参ります」などとコメントしています。

「カードゲーム、トレーディングカード」販売額45%増

国内のおもちゃメーカーなどで作る業界団体、日本玩具協会によりますと、昨年度の国内の「カードゲーム、トレーディングカード」の販売額は1782億円で、国内のおもちゃの販売額全体のおよそ20%を占めています。

販売額は前の年度よりおよそ560億円、率にして45%増えていて、日本玩具協会は、新型コロナの影響で、いわゆる巣ごもり需要が伸びたことなどが背景にあるとみています。

カードラボによりますとおととし1月期の売り上げは52億円で、トレーディングカード市場全体の拡大に伴い、業績を伸ばしているということです。