静岡 裾野の保育園 保育士3人 1歳児ら倉庫に閉じ込め 宙づりも

静岡県裾野市の保育園で、保育士3人が受け持っている1歳の園児らを倉庫に閉じ込めたり、足を持って宙づりにするなどしていたことが分かりました。
県と市は、園に対する特別監査を検討しています。

裾野市などによりますと、市内にある私立の認可保育園「さくら保育園」では、ことし6月から8月にかけて、30代から40代の保育士3人が受け持っている1歳児らを倉庫に閉じ込めたり、大声でしかりつけたりしたほか、給食を食べないと、ほおをつねっていたということです。

保育園は園児の人格を傷つける「不適切な保育」だとして2人を出勤停止にしたうえで退職を勧告し、もう1人を口頭で注意したということです。

保育士は「指導のつもりだった」と釈明しているということです。

保育園は29日夜、保護者説明会を開き櫻井利彦園長が「大切なお子さんの尊厳を傷つけてしまい、深くおわびします」と謝罪しました。

その後の説明では、保育士が園児の足を持って宙づりにしたほか、ズボンをむりやり脱がせたり、園児の容姿をやゆしたりしていたことなども明らかにされたということです。

保護者からは、なぜこうした行為が繰り返されたのか質問が出されましたが、具体的な説明はなかったということです。

一方、静岡県の関係者によりますと、県は、児童福祉法に基づく特別監査を市と合同で行う方向で調整を進めているということです。

裾野市が会見 「15の不適切な行為が確認」

裾野市は30日、臨時の記者会見を開き、これまでの調査でほかにも保育士らが園児に対して、カッターナイフをみせて脅したり、頭をバインダーでたたいたりしたほか、寝かしつけたあとに「ご臨終です」と発言したり、容姿をばかにした暴言を浴びせたりするなど合わせて15の不適切な行為が確認されたことを明らかにしました。

さらに、保育園が今回の一連の行為について、口外しないよう職員全員に誓約書を書かせていたことも新たにわかったということです。

村田悠市長は会見で「安全でなければならない保育現場で許しがたい行為を行ったことに大変強い憤りを感じている」としたうえで「虐待に当たると認識している」と述べて、刑事告発を検討する考えを示しました。

市は現在、児童福祉法に基づく特別監査を行う方向で県と調整を進めていて、告発の内容や対象などは、監査の結果などを踏まえ、判断したいとしています。

15の不適切な行為とは

裾野市が保育園で行われていた不適切な保育として公表した15の行為です。

1:ロッカーに入って泣いている園児の姿を携帯電話で撮影。

2:園児の頭をバインダーでたたいて泣かせる。

3:棚に入った園児の足をつかんで引っ張り出し、宙づりにする。

4:あらかじめ遅刻の連絡があった園児に対し、腕を引っ張り「遅いんだよ」とどなる。

5:寝かしつけた園児に対し「ご臨終です」と何度も発言。

6:泣かない園児に対し額をたたき無理やり泣かせようとする。

7:昼食時に園児をどなりつけほおをつねる。

8:日常的に特定の園児をにらみつけて声を荒げ、ズボンを無理やりおろす。

9:園児を宙づりにしたあと、真っ暗な排せつ室に放置。

10:園児の容姿をばかにした呼びかけ、暴言を浴びせる。

11:手足口病の症状のある園児の尻を、無理やりほかの園児に触らせる。

12:給食を食べない園児に対し、突然、後ろから頭をたたく。

13:不適切な発言をして玩具が入っている倉庫に閉じ込める。

14:園児にカッターナイフをみせて脅す。

15:丸めたゴザで園児の頭をたたく。

園児の保護者からは驚きと怒りの声

「さくら保育園」に通う子どもの保護者からは、驚きや怒りの声が聞かれました。

このうち、1歳の娘を預けている父親は、「本当に怒りと悲しみで、今まで説明しなかった園に預けることも不安です。1歳とはいえ、今回の行為が記憶に残るかもしれないので、今後一切ないようにしてほしい」と話していました。

5歳の息子を通わせている父親は、「夏ごろ起きたことなのに、今まで説明しなかったことが驚きです。事態が大きくならないと知らせてもらえないのはショックです」と話していました。

また、29日夜の保護者説明会に出席した父親は、「説明には納得できません。質問への回答はあいまいで、答えられない部分もありました。何より当事者である保育士3人が謝罪しないことが不満です」と話していました。

「さくら保育園」とは

ホームページによりますと、裾野市にある「さくら保育園」は、社会福祉法人「桜愛会」が運営する私立の認可保育園です。

1981年4月に開設され、生後8週間から就学前の子どもを受け入れています。

定員は120人で、職員は園長を含め、分園と合わせておよそ50人とされています。

保育目標は、伸び伸びと恵まれた環境の中で育成することを掲げています。