社会学者の宮台真司さん切りつけ 逃走した男は面識ないか

29日、東京・八王子市の東京都立大学で、教授で社会学者の宮台真司さん(63)が刃物のようなもので首などを切りつけられ重傷を負った事件で、現場から逃走した男は宮台さんとは面識がないとみられることが捜査関係者への取材で分かりました。
警視庁は殺人未遂の疑いで現場から逃走した男の行方を捜査しています。

29日午後4時20分ごろ、東京 八王子市の東京都立大学・南大沢キャンパスで、教授で社会学者の宮台真司さん(63)が刃物のようなもので首のほか背中や腕などを切りつけられ重傷を負いました。

病院に搬送されたときは意識はあり、会話はできる状態だということです。

警視庁によりますと、宮台さんは大学構内の歩道上で後ろから突然襲われたということですが、宮台さんの話などから男とは面識がないとみられることが捜査関係者への取材で分かりました。

警視庁は殺人未遂の疑いで現場から逃走した男の行方を捜査しています。

逃げた男は、
▽年齢が20代から30代くらい、
▽身長が1メートル80センチくらいで
▽黒っぽいジャンパーにズボンを身につけ、
▽短髪で、がっしりとした体格だったということです。