軽乗用車が交差点で横転 17~18歳の3人死亡 1人重体 千葉 富津

29日未明、千葉県富津市の国道で、10代の男女4人が乗った軽乗用車が横転し、3人が死亡、1人が意識不明の重体です。

29日午前0時半ごろ、千葉県富津市小久保の国道465号線の交差点で「軽乗用車が横転している」と、とおりかかった人から通報がありました。

軽乗用車は大きく壊れ、交差点脇のガードレールに横転した状態で止まっていて、この事故で乗っていた4人のうち、いずれも木更津市の▽17歳の男子高校生と▽17歳の女子高校生、それに▽18歳の男性の合わせて3人が死亡しました。

また、富津市に住む18歳の女子高校生が全身を強く打つなどして意識不明の重体です。

現場は、左にカーブする片側1車線の国道と市道が交わるT字型の交差点で、警察は、カーブを曲がりきれずに横転し、そのままガードレールに衝突したとみて、事故の詳しい状況を調べています。

警察によりますと、乗っていた4人のうち2人は同じ高校の同級生だということです。