「サル痘」の新たな名称に「M痘」を推奨と発表 WHO

欧米を中心に感染が広がるサル痘について、WHO=世界保健機関は新たな名称として「M痘」を使うよう推奨すると発表しました。

WHOが28日に出した声明では、サル痘の新たな名称として「M痘」を使うことを推奨するとしたうえで、混乱を避けるため新旧の名称を併記するなど1年の移行期間を設けるとしています。

WHOによりますと、サル痘のウイルスは1958年にサルから発見され、その後、その名称が使われるようになりました。

ことしの感染拡大に伴ってサル痘という名称が「特定の動物などへの誤解や偏見につながる」という指摘が出ていたことからWHOが名称の変更を検討していました。

サル痘についてWHOはことし7月「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言していて、ことしに入ってから110の国と地域で8万1000人以上が感染し、55人が死亡しています。

WHOは、新型コロナウイルスの変異株についても去年、特定の国への差別を防ぐためデルタ株などギリシャ文字を使った名称を使うよう推奨しています。