約20年間飼っていたクマに襲われ男性死亡 長野 松本

28日午前、長野県松本市の山あいの住宅で、75歳の男性が、飼っていたクマに襲われ死亡しました。

28日午前9時20分ごろ、松本市五常の住宅の敷地内で、この家に住む丸山明さん(75)がクマに襲われたと家族から警察に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、扉が開いたおりの近くに倒れている丸山さんの周辺を、体長1メートルほどのクマがうろうろしたり、おりから出たり入ったりしていて、地元の猟友会のメンバーがクマを射殺したということです。

その後、丸山さんは市内の病院に搬送されましたが、全身をかまれるなどしていて、死亡が確認されました。

警察によりますと、丸山さんは、およそ20年間、このクマを飼っていたということで、丸山さんの73歳の弟は「兄は山に仕事に行った時に、親からはぐれた子グマを見つけ、それからずっと飼っていた。こんなことになって残念だ」と話していました。

クマは、人に危害を与えるおそれがあることから、法律で「特定動物」に指定され、飼育する場合には保健所の許可が必要です。

松本市保健所によりますと、丸山さんは、クマの飼育の許可を受けていたということで、ことし5月に、おりの構造や施錠などについて検査を受け、問題はなかったということです。

警察は、丸山さんが飼っていたクマに襲われた原因を詳しく調べています。