工場で設備点検中 3人が木くずに埋まり全員救出も2人死亡 三重

28日午前、三重県川越町にある建材メーカーの工場で、燃えた木くずを集めて冷却する設備の内部の点検を行っていた作業員3人が上から落ちてきた木くずに埋まりました。
その後、全員救出されましたが、2人の死亡が確認されました。

28日午前11時20分ごろ、三重県川越町にある建材メーカー「チヨダウーテ」の四日市工場から、作業員3人の救出を求める通報が消防にありました。

警察によりますと、3人は屋外に設置された、燃えた木くずを集めて冷却する設備の内部に入って点検を行っていたところ、上から落ちてきた木くずに埋まったということです。

その後、3人全員が救出されましたが、警察によりますと、このうち、ミャンマー国籍の技能実習生で三重県菰野町のティン・タン・ミンさん(33)と、三重県鈴鹿市の奥田真司さん(51)の2人の死亡が確認されました。

もう1人は命に別状はないということです。

警察と消防が事故の原因や詳しい状況を調べています。

今回の事故を受けて「チヨダウーテ」の平田芳久社長は「お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。事故の原因を調査・究明するとともに、再発防止に全力で取り組む所存です」というコメントを発表しました。