大相撲九州場所13日目 高安が単独トップ 同じ2敗の王鵬に勝つ

大相撲九州場所は13日目、高安が王鵬との2敗どうしの一番を制して、優勝争いの単独トップに立ちました。

中入り後の勝敗です。

▽阿武咲に隠岐の海は、隠岐の海が「突き落とし」。

▽照強に千代翔馬は、千代翔馬が「寄り切り」。
照強はまだ初日が出ず13連敗です。

▽碧山に熱海富士は、碧山が「はたき込み」。

▽輝に阿炎は、阿炎が「突き出し」。
3敗どうしの対戦は阿炎が3敗を守りました。

▽一山本に栃ノ心は、栃ノ心が「すくい投げ」。

▽琴恵光に妙義龍は、妙義龍が「上手投げ」。

▽遠藤に平戸海は、平戸海が「寄り切り」。

▽東龍に竜電は、竜電が「寄り切り」。
竜電は勝ち越しました。

▽錦木に琴勝峰は、錦木が「押し出し」。

▽宇良に宝富士は、宇良が「送り出し」。

▽隆の勝に逸ノ城は、隆の勝が「押し出し」。

▽翠富士に琴ノ若は、琴ノ若が「押し出し」。
琴ノ若は勝ち越しです。

▽高安に王鵬は、高安が「上手投げ」で勝って2敗を守りました。
敗れた王鵬は3敗に後退しました。

▽若元春に大栄翔は、若元春が「寄り切り」。
若元春は勝ち越しました。

▽翔猿に佐田の海は、佐田の海が「送り出し」。
翔猿は負け越しです。

▽明生に霧馬山は、明生が「押し倒し」。

▽北勝富士に御嶽海は、御嶽海が「はたき込み」。

▽若隆景に錦富士は、若隆景が「寄り切り」。

▽玉鷲に大関 正代は、玉鷲が「押し出し」。
角番の正代は負け越して、大関から陥落することになりました。

▽大関 貴景勝に豊昇龍は、貴景勝が「押し出し」。
豊昇龍は3敗に後退です。

九州場所は13日目を終わって、
▼2敗で高安が単独トップに立ち、
▼3敗で貴景勝、豊昇龍、阿炎、王鵬の4人が追う展開となりました。

力士の談話

▽36歳のベテラン 碧山は、新入幕の20歳、熱海富士に勝って6勝目を挙げ、「負けたくない気持ちがあった。これから伸びてくると思うので、まだまだこれから。20歳で幕内にいるのはすごいこと」と評価していました。

▽阿炎は、輝との3敗どうしの一番を制し、5場所ぶりにふた桁の白星に「結果としてはうれしいが、まだ終わっていないので、あしたの相撲に集中したい」と気を引き締めていました。

26日は、3敗の関脇 豊昇龍との対戦が組まれましたが「全く気にしていないので、自分の相撲をとるだけ。それがいちばん見てくれる人が喜んでくれるし、自分のためになる」と優勝争いの話題にはのってきませんでした。

▽6勝目を挙げた栃ノ心は、今場所、新型コロナウイルスの感染防止対策のため禁止されていた外食が25日から解禁となったことを聞かれましたが、「予定は何もない。あと2日あるので部屋でゆっくりする。けがしないように落ち着いて取りたい」と話していました。

▽平戸海は、初顔合わせの遠藤に勝って9勝目を挙げ、「やっと当たれるところまで上がれてうれしかった。胸を借りるつもりで馬力で勝つしかないと思った。勝ち越して気が抜けたらだめなので、ふた桁目指して、あと2日間落ち着いて取れるよう頑張りたい」と話していました。

▽三役経験者の竜電は、2場所連続で勝ち越しを決め、「前に出る相撲を取れているのでいいと思う。あと2日しっかりやって、三役以上を目指して頑張りたい」と意気込んでいました。

▽2場所連続で勝ち越した琴ノ若は「よかったと思うが、まだ終わっていないし、ここからだと思うので特に変わりはない。よい相撲を取りきるということが勝ち星につながってくると思うので、内容にこだわって自分らしい相撲をとりたい」と気を引き締めていました。

▽高安は、王鵬との2敗どうしの一番を制して、優勝争いの単独トップに立ちました。
王鵬とは初顔合わせでしたが、「稽古場でも胸をあわせたことはあるので、とりあえずベストを出し切った。落ち着いて取れたと思う」と振り返っていました。

ことしは春場所、秋場所、そして今場所と、3場所で優勝争いに絡んでいることについて、「故障があって下位に下がったが、こつこつ体を作ってきた。しんどい時期もあったが、ようやく力を発揮できるようになった」と話していました。

そのうえで、残り2日に向けて、「いい緊張感があるので、楽しくやりたい」と意気込んでいました。

▽若元春は、小結 大栄翔に勝って、勝ち越しを決め、「ことしの最後にしっかり勝ち越せたので、残り何番かあるけど、よかった」とご満悦でした。

▽35歳の佐田の海は、新小結 翔猿に勝って6勝目を挙げ、「上位と相撲を取らせてもらっているので、しぶとくいかないと。一日一番しぶとくいきたい」と集中していました。

▽先場所優勝の玉鷲は、すでに負け越しが決まっていますが、角番の大関 正代に勝って連敗を2で止め、「とにかく止まらないように前に攻めた。それがよかった。勝ち越しはできないが、残り自分の相撲を取りたい」と話していました。

▽大関 貴景勝は、2敗の関脇 豊昇龍に勝って3敗を守り、「あんまり考えずに、自分の相撲をやろうと思った。しっかり準備をして、あしたも一生懸命集中してやりたい」と、いつもどおり淡々と話していました。