都心と臨海部を結ぶ新たな地下鉄 東京都が事業計画案を発表

東京都は、都心と人口増加が進む臨海部を結ぶ、新たな地下鉄の事業計画案を明らかにしました。

これは25日、小池知事が定例会見で発表しました。

それによりますと、事業計画案がまとまったのは、仮称「都心部・臨海地域地下鉄」で、JR東京駅付近から江東区の東京ビッグサイト付近までの、およそ6キロを結びます。

「東京駅」を起点に臨海部に向けて、およそ1キロごとに「新銀座駅」「新築地駅」「勝どき駅」「晴海駅」「豊洲市場駅」そして「有明・東京ビッグサイト駅」の、合わせて7駅の新設が検討されています。

都はねらいについて、主要ターミナルの東京駅周辺から、国際的な商業イベントが行われる東京ビッグサイトまでを直接結んで、ビジネスパーソンの利便性を高めることや、高層マンションが建ち並び、東京オリンピック・パラリンピックの選手村跡地のマンション群の分譲で、今後も人口増加が見込まれる晴海地区と、都心の間の交通網強化などを挙げています。

また、首都圏の国際競争力をより強化するため、羽田空港への接続を今後、検討するということです。

事業費は概算で4200億円から最大5100億円で、開業後30年以内の黒字化を見込んでいて、都は2040年までの実現を目指しています。

小池知事は「臨海部は、さまざまな開発が進められ、世界から人と投資を呼び込む大いなるポテンシャルを持つエリアだ。この地下鉄は基幹的な交通基盤で、言わば『背骨』の役割が期待されるので、早期の事業化に向けてさらに検討を進める」と述べました。