将棋「竜王戦」第5局始まる 藤井五冠 タイトル防衛まであと1勝

将棋の八大タイトルの最高峰「竜王戦」の第5局が福岡県で始まり、今年度4つ目のタイトル防衛まであと1勝に迫る藤井聡太五冠(20)が対局に臨んでいます。

「竜王戦」七番勝負は、ここまでタイトルを持つ藤井五冠が挑戦者の広瀬章人八段(35)を相手に3勝1敗として、防衛まであと1勝に迫っています。

第5局の会場は福岡県福津市にある神社に設けられ、午前9時に対局が始まると、先手の広瀬八段が飛車先の歩を突いたのに対し、後手の藤井五冠も同様に歩を動かして応じました。

藤井五冠は「叡王戦」「棋聖戦」「王位戦」をいずれも制して「五冠」を維持していて、「竜王戦」は今年度4回目となるタイトル防衛戦です。
一方、広瀬八段は、4年ぶりの「竜王」獲得を目指しています。

藤井五冠が勝ってタイトル防衛を果たすか、広瀬八段が1勝を返して踏みとどまることができるか、第5局の勝敗は26日午後に決まる見通しです。