ワールドカップ 歴史的勝利に長友佑都「奇跡ではなく必然だ」

サッカーのワールドカップカタール大会で23日、日本がドイツを相手に歴史的な勝利を挙げてから一夜明けて、日本の選手が取材に応じ、4大会連続出場となるベテランの長友佑都選手は「『ドーハの悲劇』から『ドーハの奇跡』に変わったと言われているが奇跡ではなくて自分たちでつかんだ必然だ」と振り返りました。

日本は23日、ワールドカップカタール大会の1次リーグ初戦で過去優勝4回の強豪ドイツと対戦し、前半に先制を許したものの後半に2点を取って逆転し歴史的な勝利を収めました。

堂安律「まだ歴史を変えられたわけではない」

試合から一夜明けて日本の選手たちが取材に応じ、途中出場で同点ゴールを決めた堂安選手は「自分はメンタルが強いタイプではないが人よりも自分が積み上げてきたことを信じているし、やってきたことを貫く意思があったのでそれがゴールにつながったと思う」と話しました。

そのうえで「すばらしい一戦になったのは間違いないがまだ歴史を変えられたわけではないので気持ちはもう次を向いている。しっかり頭を切り替えて次の試合で足元をすくわれないようにしたい」と気持ちを引き締めていました。
ベテランの長友佑都選手は「ドーハの悲劇からたくさんの先輩方がいろいろな景色を見せてくれたことや自分たちが経験してきたことのすべてが勝利につながったと思う。『ドーハの悲劇』から『ドーハの奇跡』に変わったと言われているけれど奇跡ではなくて自分たちでつかんだ必然かなと思う」と振り返りました。

日本は27日に1次リーグ第2戦で世界ランキング31位のコスタリカと対戦します。

サポーター「涙があふれたし誇らしい気持ち」

歴史的勝利から一夜明け、世界各国のサポーターが集まるドーハ市内のゲストハウスに宿泊している日本のサポーターからは喜びの声が聞かれました。

先制点を奪われた日本が追いつき、逆転する展開に、会場では日本を応援する海外の観客の声が次第に大きくなっていったということで、観戦した男性サポーターは「最高です。勝ったあとは3回泣きました。歴史が変わる瞬間を見ることができて幸せでした」と話していました。

また、ことし9月の強化試合のあと森保一監督からサインをもらった際にことばを交わしたという男性は「森保監督から『皆さんの応援が日本代表の力を引き上げるので頑張って応援してほしい』と言われたので、僕らも選手と一緒になって応援した。勝った瞬間は涙があふれたし誇らしい気持ちだ」と話しました。

別の男性サポーターは「試合のチケットを一生保存する」とうれしそうに話していました。