【詳細データ】JR東日本 66区間の赤字額公表 総額679億円に

赤字が続く地方鉄道の今後の在り方が課題となる中、JR東日本は利用が特に少ない66区間の昨年度(2021年度)の収支を公表しました。全区間で総額670億円を超える赤字となっていて、地元自治体との間で今後、バスへの転換なども含めて協議を進める方針です。

「輸送密度」2000人未満の66区間について赤字額公表

JR東日本によりますと、人口減少や新型コロナの影響で地方鉄道の利用が落ち込む中、一日平均何人を運んだかを示す「輸送密度」が2000人未満の利用が特に少ない区間は昨年度、36路線、72区間ありました。

このうち2019年度も「輸送密度」が2000人未満だった35路線、66区間の昨年度の収支を24日に公表しました。

発表によりますと、この66区間はすべて赤字となっていて、赤字額は合わせて679億円となっています。

経費の削減を進めたことで、新型コロナの感染拡大前の2019年度と比べて14億円程度赤字額は減ったものの、依然として大幅な赤字を抱える状況です。

区間ごとの赤字額 最多は49億円超

区間別で赤字額が最も多いのは、羽越本線の新潟県の村上駅と山形県の鶴岡駅の区間で、昨年度の赤字額は49億9800万円となっています。

また100円の運輸収入を得るためにいくらの費用がかかるかを示す「営業係数」は、陸羽東線の宮城県の鳴子温泉駅と山形県の最上駅の区間が2万31円と最も採算が悪くなりました。100円の収入のためにほぼ200倍の費用がかかっている計算です。

赤字が続く地方鉄道をめぐっては、国が今後の在り方や支援強化に向けた法改正などの検討を進めています。

JR東日本では利用が特に少ない区間を中心に自治体に対して収支状況などの説明を始めていて、バスへの転換なども含めた持続的な地域交通について、今後、協議を進める方針です。

【66区間 それぞれの赤字額】

24日にJR東日本が公表した利用者が特に少ない66の区間について、昨年度(2021年度)の「赤字額」と100円の運賃収入を得るためにいくらの費用がかかるかを示す「営業係数」などの状況を一覧にまとめました。
66区間を北から順に地域別でまとめました。
▽「津軽線」の青森県の青森と中小国の間は赤字額が19億8600万円、営業係数は3226円。
青森県の中小国と三厩の間は赤字額が5億8700万円、営業係数は8582円。

▽「大湊線」の青森県の野辺地と大湊の間は赤字額が10億7900万円、営業係数は1430円。

▽「五能線」の秋田県の東能代と能代の間は赤字額が1億9500万円、営業係数は2088円。
秋田県の能代と青森県の深浦の間は赤字額が16億9200万円、営業係数は4852円。
青森県の深浦と五所川原の間は赤字額が15億7000万円、営業係数は2364円。
青森県の五所川原と川部の間は赤字額が7億5800万円、営業係数は1045円。

▽「奥羽本線」の山形県の新庄と秋田県の湯沢の間は赤字額が14億5300万円、営業係数は3241円。
秋田県の湯沢と大曲の間は赤字額が17億5900万円、営業係数は1308円。
秋田県の東能代と大館の間は赤字額が31億500万円、営業係数は1950円。
秋田県の大館と青森県の弘前の間は赤字額が24億2200万円、営業係数は2220円。

▽「花輪線」の岩手県の好摩と荒屋新町の間は赤字額が8億1200万円、営業係数は2197円。
岩手県の荒屋新町と秋田県の鹿角花輪の間は赤字額が6億1300万円、営業係数は1万2471円。
秋田県の鹿角花輪と大館の間は赤字額が6億7600万円、営業係数は1686円。

▽「八戸線」の青森県の鮫と岩手県の久慈の間は赤字額が13億1900万円、営業係数は2422円。

▽「男鹿線」の秋田県の追分と男鹿の間は赤字額が8億3600万円、営業係数は942円。

▽「山田線」の岩手県の盛岡と上米内の間は赤字額が1億7300万円、営業係数は1658円。
上米内と宮古の間は赤字額が16億6100万円、営業係数は5877円。

▽「釜石線」の岩手県の花巻と遠野の間は赤字額が12億400万円、営業係数は1232円。
岩手県の遠野と釜石の間は赤字額が12億8300万円、営業係数は2487円。

▽「大船渡線」の岩手県の一ノ関と宮城県の気仙沼の間は赤字額が15億1000万円、営業係数は1522円。

▽「北上線」の岩手県の北上と「ほっとゆだ」の間は赤字額が9億7200万円、営業係数は3205円。
岩手県の「ほっとゆだ」と秋田県の横手の間は赤字額が5億2300万円、営業係数は5859円。

▽「羽越本線」の新潟県の新津と新発田の間は赤字額が9億500万円、営業係数は1254円。
新潟県の村上と山形県の鶴岡の間は赤字額が49億9800万円、営業係数は1772円。
山形県の酒田と秋田県の羽後本荘の間は赤字額が27億7800万円、営業係数は1997円。

▽「陸羽西線」の山形県の新庄と余目の間は赤字額が8億9100万円、営業係数は2483円。

▽「陸羽東線」の宮城県の古川と鳴子温泉の間は赤字額が11億500万円、営業係数は1520円。
宮城県の鳴子温泉と山形県の最上の間は赤字額が5億200万円、営業係数は2万31円。
山形県の最上と新庄の間は赤字額が6億5400万円、営業係数は3078円。

▽「気仙沼線」の宮城県の前谷地と柳津の間は赤字額が2億1400万円、営業係数は2882円。

▽「石巻線」の宮城県の小牛田と女川の間は赤字額が11億2000万円、営業係数は971円。

▽「左沢線」の山形県の寒河江と左沢の間は赤字額が2億5900万円、営業係数は1537円。

▽「米坂線」の山形県の米沢と今泉の間は赤字額が5億3900万円、営業係数は1646円。
山形県の今泉と小国の間は赤字額が8億5800万円、営業係数は4070円。
小国と新潟県の坂町の間は赤字額が5億3600万円、営業係数は4499円。
▽「磐越西線」の福島県の会津若松と喜多方の間は赤字額が6億2900万円、営業係数は766円。
福島県の喜多方と野沢の間は赤字額が7億8600万円、営業係数は2417円。
福島県の野沢と新潟県の津川の間は赤字額が9億500万円、営業係数は1万1956円。
新潟県の津川と五泉の間は赤字額が10億1700万円、営業係数は3152円。

▽「弥彦線」の新潟県の弥彦と吉田の間は赤字額が1億2400万円、営業係数は1998円。

▽「越後線」の新潟県の柏崎と吉田の間は赤字額が12億7700万円、営業係数は1673円。

▽「只見線」の福島県の会津若松と会津坂下の間は赤字額が4億7200万円、営業係数は758円。
福島県の会津坂下と会津川口の間は赤字額が9億1800万円、営業係数は5667円。
福島県の只見と新潟県の小出の間は赤字額が7億1500万円、営業係数は7694円。

▽「磐越東線」の福島県の「いわき」と小野新町の間は赤字額が6億9000万円、営業係数は3298円。

▽「小海線」の山梨県の小淵沢と長野県の小海の間は赤字額が16億7100万円、営業係数は2562円。
長野県の小海と中込の間は赤字額が7億8800万円、営業係数は1415円。
▽「水郡線」の茨城県の常陸大宮と常陸大子の間は赤字額が12億8500万円、営業係数は2205円。
茨城県の常陸大子と福島県の磐城塙の間は赤字額が4億4100万円、営業係数は5258円。
福島県の磐城塙と安積永盛の間は赤字額が8億9200万円、営業係数は908円。

▽「烏山線」の栃木県の宝積寺と烏山の間は赤字額が6億300万円、営業係数は1121円。

▽「飯山線」の長野県の豊野と飯山の間は赤字額が6億7400万円、営業係数は889円。
長野県の飯山と戸狩野沢温泉の間は赤字額が3億100万円、営業係数は2995円。
長野県の戸狩野沢温泉と新潟県の津南の間は赤字額が8億6300万円、営業係数は1万4839円。
新潟県の津南と越後川口の間は赤字額が8億5100万円、営業係数は2354円。

▽「上越線」の群馬県の水上と新潟県の越後湯沢の間は赤字額が15億9200万円、営業係数は2278円。

▽「大糸線」の長野県の信濃大町と白馬の間は赤字額が9億6500万円、営業係数は1752円。
長野県の白馬と南小谷の間は赤字額が4億2600万円、営業係数は7076円。

▽「吾妻線」の群馬県の長野原草津口と大前の間は赤字額が4億8600万円、営業係数は3445円。

▽「中央本線」の長野県の辰野と塩尻の間は赤字額が8億300万円、営業係数は4760円。

▽「鹿島線」の千葉県の香取と茨城県の鹿島サッカースタジアムの間は赤字額が5億8300万円、営業係数は923円。

▽「久留里線」の千葉県の木更津と久留里の間は赤字額が8億600万円、営業係数は1273円。
千葉県の久留里と上総亀山の間は赤字額が2億7900万円、営業係数は1万9110円。

▽「外房線」の千葉県の勝浦と安房鴨川の間は赤字額が11億7600万円、営業係数は1101円。

▽「内房線」の千葉県の館山と安房鴨川の間は赤字額が13億4100万円、営業係数は1226円。