松本総務相 パーティー券の収容人数超え販売“問題ない”

松本総務大臣の資金管理団体が開いた政治資金パーティーで、会場の収容人数を超えるパーティー券が売られていたと指摘されていることについて、松本大臣は、法律にのっとって販売しており問題ないという認識を示しました。

24日の衆議院総務委員会で、共産党は、松本総務大臣の資金管理団体が開いた政治資金パーティーで、会場の収容人数を超えるパーティー券が売られていたとして、「パーティー券代は『出席の対価』であり、それを超えた分は寄付として扱うべきではないか」とただしました。

これに対して、松本大臣は「案内に『ご来賓賜りますようお願い申し上げます』と記載し、参加の対価として購入してもらっている。欠席する方がいるのは事実だが、来ていただいた方に対応できるよう準備している」と述べました。

そのうえで、「政治資金規正法の趣旨をしっかりと踏まえて、適切に処理している」と述べ、問題ないという認識を示しました。

一方、松本大臣は、旧統一教会との関係を問われたのに対し、「旧統一教会および、関連団体との接点、関係を持たないように、これまでもしていたし、これからもしていく」と述べました。