新技術のドローン登場 送電線や下水道管の点検にも活用広がる

産業やビジネスでのドローンの活用が広がるなか、飛行が困難な現場でも活躍できる新しい技術を使ったドローンが登場しています。

東京のベンチャー企業が東京電力などと共同開発したドローンは、送電線の点検を人のかわりに行います。

これまでは、送電線から発生する電磁波の影響で、ドローンの飛行の安定的な制御が難しいとされてきました。

新しい技術では、送電線のケーブルの位置をドローンがセンサーで検知しながら、人が操縦しなくても自動で飛行できるということです。

開発したブルーイノベーションの熊田貴之社長は、「老朽化が進む社会インフラの修繕作業が労働人口の減少で進んでいない課題があり、ドローンには大きなメリットがある」と話しています。

一方、ドローン開発会社のACSLは、下水道管の点検を行うドローンを開発しました。
下水道管の内部は、電波が届きにくく、ドローンの操縦が難しいとされてきましたが、開発されたドローンは、通信の安定性を高める技術で実用化につなげました。

人手不足を背景にこうしたインフラ設備の作業にあたるドローンの活躍はますます広がりそうです。