プーチン大統領 キューバの大統領と会談 対米結束を確認か

ロシアのプーチン大統領は旧ソビエト時代から友好関係にあるキューバの大統領と会談しました。ロシアとキューバはいずれもアメリカから制裁を受けており、結束を強化したい思惑とみられます。

ロシアのプーチン大統領は22日、首都モスクワで、キューバのディアスカネル大統領と会談しました。

会談の冒頭でプーチン大統領は「ソビエト、そしてロシアは独立と主権のために闘うキューバを支持してきた。われわれはさまざまな制限や禁輸措置に反対してきた」と述べ、旧ソビエト時代から続くキューバとの友好関係を強調しました。
これに対してディアスカネル大統領は「ロシアとキューバには一方的な制裁を科す共通の敵がいる。それがアメリカだ」とアメリカを批判しました。

そのうえで「ロシアは以前からNATO=北大西洋条約機構のロシア国境に対する攻撃的な姿勢は容認できないと警告してきた」と述べ、ウクライナに軍事侵攻したロシアの立場に理解を示しました。
また会談に先立ち、両首脳は、キューバ革命を主導し反米の社会主義政権を率いたフィデル・カストロ氏をたたえる記念碑の除幕式に参加し、プーチン大統領は「カストロ氏は、カリスマ的な指導者だった。多極化する世界秩序について、彼と意見を交わしたことがある」と振り返りました。
ウクライナ情勢をめぐりアメリカと対立が深まる中、ロシアとしては政治や経済の分野でキューバとの結束を強化したい思惑とみられます。