ワールドカップ ドイツ監督「試合はチャレンジになる」

サッカーワールドカップカタール大会で、日本代表と23日に対戦するドイツ代表のハンジ・フリック監督が公式会見に臨み「日本はそれぞれの選手が技術と戦略の面でよく訓練されている。試合はチャレンジになる」と話しました。

23日の1次リーグ初戦で日本と対戦するドイツのフリック監督とヨシュア・キミッヒ選手が試合前日に行われた公式会見に臨みました。

この中で、フリック監督は「ここまでいい練習をしてきた。最初の試合に向けて非常にいい状態だ。相手が強いグループだと理解しているが、いい見通しを持って臨みたい」と話しました。

日本については「それぞれの選手が技術と戦略の面でよく訓練されている。鎌田大地選手はすばらしいプレーをしているし遠藤航選手はリーグでも上位のミッドフィルダーになる。試合はチャレンジになると思う」と警戒していました。

また、キミッヒ選手は、1次リーグで敗退した前回大会を踏まえて「4年半前は残念な結果だった。初戦をいい試合でスタートすることが重要だ。試合に集中しているし絶対に勝ちたい」と初戦への決意を述べました。

さらに、ドイツでプレーする日本の選手については「ほとんどの選手がスピードとテクニックもある。特に鎌田選手は非常に頭のいい選手で、ブンデスリーガでゴールの決定率も高い。気を引き締めていきたい」と話していました。