大相撲 九州場所11日目 1敗の豊昇龍 同じ関脇の御嶽海と対戦

大相撲九州場所は23日から終盤戦に入り、11日目、三役力士でただ1人1敗の豊昇龍は御嶽海と関脇どうしの一番です。

九州場所は10日目を終えて、1敗で関脇・豊昇龍と平幕の王鵬の2人が並び、2敗で高安、錦富士の平幕の2人が続いています。

1敗の豊昇龍は11日目は関脇・御嶽海との対戦で、これまでは豊昇龍の2勝3敗ときっ抗しています。

豊昇龍としては持ち前のスピードを生かして、休まず攻めれば勝機が見えてきます。

6敗となり来場所の大関復帰がなくなった御嶽海は中盤戦から影をひそめている相手への圧力と鋭い出足を取り戻せないと、上り調子の23歳相手に苦しい相撲を強いられそうです。

もう1人の1敗、王鵬は3敗の阿炎と初めて顔を合わせます。

また、高安と錦富士の2敗どうしの初顔合わせも楽しみな一番です。

錦富士は十両だったことし夏場所から3場所連続ふた桁勝利をあげて、ぐんぐん番付を上げ、自己最高位の前頭5枚目で迎えた今場所も白星を重ねていて、激しい稽古で培った出足で大関経験者で力強い相撲が持ち味の高安に挑みます。