東北新幹線の作業員行方不明で各新幹線に遅れ 2万人余に影響

22日未明、東北新幹線の線路の保守・点検をしていた作業員の行方が分からなくなり、大宮駅を通過する各新幹線が安全を確保するため減速したことから、最大でおよそ1時間遅れて2万人余りに影響が出ました。

JRによりますと、22日午前2時半ごろ、東北新幹線の大宮駅と小山駅の間で保守・点検を行っていた7人のうち、男性作業員1人の行方が分からなくなりました。

線路上で行われていた作業だったことから、東北新幹線や上越新幹線など大宮駅を通過する各新幹線は、安全を確保するため始発から速度を落として運転しました。

この影響で、JRによりますと、最大でおよそ1時間10分の遅れが出て、2万3300人に影響が出たということです。

遅れは夕方にはほぼ解消されました。

JRから連絡を受けた警察が作業員の行方を捜しています。