熊本城の完全復旧 当初計画より15年遅れ 2052年度になる見通し

6年前の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の完全復旧は、当初の計画よりも15年遅れて2052年度になる見通しになりました。

熊本城は、6年前の熊本地震で天守閣の瓦や石垣が崩れたほか、国の重要文化財のやぐらや塀が倒壊するなど大きな被害を受け、市が策定した「復旧基本計画」に基づいて復旧工事が進められています。

基本計画では、熊本城の完全復旧の時期は2037年度とされていました。

しかし、熊本市の大西市長は22日の記者会見で、完全復旧は当初の計画よりも15年遅れ、2052年度になる見通しを明らかにしました。

国の重要文化財である宇土櫓と本丸御殿の復旧は2032年度に、すべての重要文化財と城内の主な区域の復旧は2042年度に完了する見通しです。

完全復旧が遅れる理由として、大規模な石垣の復旧は国内に前例がなく、当初の想定より工法の検討に時間がかかっていることや、おととし設置された仮設の特別見学通路を撤去する必要もあることなどをあげています。

工期の遅れに伴って復旧費用が大きく変わることはないということです。

大西市長は「計画を策定したときに想定していなかった課題が多く出てきている。早く復旧したい気持ちではあるが、拙速にやっては意味が無く、慎重かつスピード感をもって復旧を進めたい」と述べました。