米 ハリス副大統領 南シナ海訪問 海洋進出続ける中国をけん制

アメリカのハリス副大統領は、中国が人工島を造成するなど軍事拠点化を進めている南シナ海の現場に近い、フィリピンのパラワン島を訪問し、国際的なルールを尊重すべきだと強調して中国をけん制しました。

東南アジアを歴訪しているアメリカのハリス副大統領は22日、南シナ海に面するフィリピンのパラワン島を訪問し、現地の沿岸警備隊などを視察しました。

パラワン島の西の沖合には、フィリピンや中国などが領有権を主張する南沙諸島、英語名スプラトリー諸島があり、その一部では中国が人工島を造成して戦略爆撃機も離着陸できる滑走路を整備するなど軍事拠点化を進めています。

ハリス副大統領は、パラワン島を訪問したアメリカ政府関係者としてはこれまでで最も地位が高く、「国際的なルールに基づく秩序がどこかで脅かされれば、それはあらゆる場所で脅かされることになる。違法かつ無責任な行動に対して同盟国や友好国を結集し続ける」と述べ、海洋進出を続ける中国をけん制しました。

また、南シナ海をめぐって、2016年に国際的な仲裁裁判で、中国が南シナ海のほぼ全域に管轄権を主張しているのは法的根拠がなく、国際法に違反するとの判断が示されていることについて「判断は尊重されなければならない」と改めて強調しました。