楽天 中日からトレードで移籍の阿部寿樹 入団会見で意気込み

プロ野球、楽天に中日からトレードで移籍した阿部寿樹選手が入団会見を行い「チームが勝つためのピースになりたい」と意気込みを語りました。

阿部選手は岩手県出身でプロ7年目の32歳。

内野も外野も守れる軽快な守備と長打力が持ち味で、楽天の涌井秀章投手と交換トレードで中日から移籍しました。

阿部選手は22日、仙台市の球団施設で入団会見を行い、「楽天はすばらしい選手が多く、試合に出ることを目指していろんなポジションでアピールしたい。チームが勝つためのピースになりたい」と意気込みを話しました。

また、岩手県出身で東北の球団に移籍したことについて「プロに入る前から見ていた球団で光栄に思っている。東北に帰るのは久しぶりなので寒さにも慣れていきたい」と話していました。

背番号は今後、発表されるということです。

阿部選手は今シーズン、中日の主軸として133試合に出場し、打率は2割7分、長打率が3割9分7厘、打点は57でした。

楽天では手薄となっている貴重な右打者で、長打力を生かした得点力のアップが期待されています。