小学生2人死傷事故 求刑上回る禁錮5年の実刑判決 名古屋地裁

ことし3月、名古屋市内で車を運転中、脇見をして赤信号の交差点に突っ込み、横断歩道を渡っていた小学生の女の子2人を死傷させた罪に問われた52歳の元会社員に対し、名古屋地方裁判所は検察の求刑を上回る禁錮5年の実刑判決を言い渡しました。

名古屋市の元会社員、藤川幹人被告(52)は、ことし3月、名古屋市瑞穂区で車の脇見運転をして赤信号の交差点に進入し、青信号で横断歩道を渡っていた、いずれも小学生の9歳の女の子を死亡させたほか、10歳の女の子に大けがをさせたとして、過失運転致死傷の罪に問われました。

裁判で検察が禁錮4年6か月を求刑したのに対し、被告側は執行猶予のついた判決を求めていました。

22日の判決で名古屋地方裁判所の山田耕司裁判長は、被告が車を運転しながら爪を切り、手元のゴミ箱に切った爪を捨てようと8.8秒もの間、脇見をして50キロのスピードで被害者をはねたと認定しました。

そして「車の運転で果たすべき最も基本的な責任に無頓着な態度が招いた事態で、単なる過失とは一線を画す悪質性がある。亡くなった女の子は無限の可能性が広がり、希望に満ちあふれていたはずの未来を突如として奪われ、遺族の悲しみの深さは筆舌に尽くしがたい」と述べ、求刑を上回る禁錮5年の実刑を言い渡しました。

遺族のコメント

判決を受けて、亡くなった女の子の父親がコメントを出しました。

もうすぐ事件発生から8か月が経ちますが、私たちの心の時は止まったままです。

娘がこの世にいない現実を未だに受け止められません。

「いつか必ず娘に会える。元気に帰ってきてくれる」と自分に言い聞かせないと、日常生活が送れない状況です。

本当に辛く、苦しい毎日が続いています。

せめて、娘のためにやってあげられることを見つけて、時間を惜しまず、丁寧に過ごしていくことを心がけていきたいと思っています。
今朝、娘のために作った食事を添付いたします。

私たちの望みはただ一つ、娘に会わせて欲しい、話したい、抱きしめたい。

私たちが、笑うことは二度とありません。

被告人が、本日の判決を受け入れ、真摯に向き合うことを切に願います。