“北朝鮮 実験同行の娘はキム総書記の第2子” 韓国情報機関

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記が、先週のICBM=大陸間弾道ミサイル級のミサイルの発射実験の際に同行させた娘について、韓国の情報機関は「キム・ジュエ」という名前の第2子だと判断しているということです。

「キム・ジュエ」という名前の第2子か

北朝鮮メディアは、キム・ジョンウン総書記が先週18日に行われた新型のICBM級「火星17型」の発射実験に立ち会った際、娘を同行させた様子を伝えました。

22日、韓国の国会の委員会が非公開で開かれました。

出席した議員によりますと、この中で韓国の情報機関・国家情報院がこの娘について説明を行い、3人いると伝えられるキム総書記の子どものうち「キム・ジュエ」という名前の第2子だと判断していることを明らかにしたということです。

この議員は「伝えられている10歳ぐらいという年齢にしては少し大きく見えるが、背が高いなどというこれまでの情報機関の情報と一致したということだった」としています。

また、娘を同行させた目的について、国家情報院は「未来の世代の安全保障に責任を負う意志を示すためと推測される」と説明したということです。

一方、この議員は北朝鮮による7回目の核実験の可能性について「国家情報院は追加で挑発を行う可能性は常にあると見ており、可能性は高いと判断している」と説明しました。