ワールドカップ メッシ「夢への最後のチャンス」初戦前に会見

サッカー、アルゼンチン代表のスーパースター、リオネル・メッシ選手がワールドカップカタール大会の初戦に臨む前日の21日に会見し、「誰もが望んでいる大きな夢を手に入れる最後のチャンスだ」と大会にかける思いを話しました。

メッシ選手を擁するアルゼンチンは22日、グループCの初戦でサウジアラビアと対戦します。

試合前日の21日、メッシ選手が会見し、「これが私の最後のワールドカップになるだろう」と明かしたうえで「誰もが望んでいる大きな夢を手に入れる最後のチャンスだ。特別な瞬間であることを自覚しながら、自分の体調に気を配り、これまでと同じように取り組んできた」と大会にかける思いを話しました。

そして、35歳で臨む今の心境について、「年齢を重ねると、物事の見方も変わってくるし、今まで気付かなかった小さなことを大切にするようになった。今はすべてのことに関心を持ち、何よりも楽しむということを優先している」と話していました。

さらに、世界中のファンから期待が寄せられていることについて「多くの人々が、アルゼンチンがチャンピオンになることを望んでくれているのはうれしいことだ。しかもその多くが、私がいるから応援してくれている。ずっと言ってきたが、私のスポーツ人生で与えられた道に感謝している。私と同じことを望んでいる人がたくさんいることを本当にうれしく思っている」と話しました。

35歳のメッシ選手は、かつて所属していたスペイン1部リーグの強豪、バルセロナで多くのタイトルを獲得したほか、フランスのサッカー専門誌が選ぶ最優秀選手賞「バロンドール」にも7回輝いていますが、ワールドカップで優勝した経験はなく、自身5回目の出場となる今大会で悲願の達成なるか注目されます。