秋篠宮邸 大規模な改修工事終え 報道向けに公開

大規模な改修工事を終えた、秋篠宮ご一家のお住まいが、報道向けに公開されました。

東京 港区の赤坂御用地にある秋篠宮ご一家のお住まいは、地上2階、地下1階の鉄筋コンクリート造りで、22日は報道向けに来客の対応などに使われる部屋や玄関が公開されました。

壁紙やじゅうたんが張り替えられ、照明器具も修理や付け替えが行われたということです。

お住まいの改修は、3年前の代替わりで秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となり、職員数が大幅に増えたことなどを受けて行われ、事務スペースが増築された結果、延べ面積は改修前のほぼ2倍の2972平方メートルになりました。

建物の改修にかかった費用はおよそ26億円で、周辺の庭園などの工事と合わせると30億2000万円に上るということです。

秋篠宮ご一家は、現在、赤坂御用地内にある別の建物に仮住まいしていて、年度内にも引っ越しを終えられる予定だということです。