株価 値上がり 輸出関連企業の業績改善に期待感

22日の東京株式市場は、円安ドル高を背景に輸出関連企業などの業績が改善することへの期待感が高まり、株価は値上がりしました。

▽日経平均株価、22日の終値は、21日より170円95銭高い2万8115円74銭。

▽東証株価指数=トピックスは、22.18上がって1994.75。

▽1日の出来高は12億428万株でした。

市場関係者は「アメリカのFRBの高官の金融引き締めに積極的な発言などを手がかりに、外国為替市場で円安ドル高が進んでいる。これを受けて自動車など輸出関連のほか、デパート、鉄道といったインバウンド関連など幅広い銘柄に業績改善への期待から買い注文が広がった」と話しています。