ワールドカップ ドイツなど「差別反対キャプテンマーク」断念

中東カタールで開かれているサッカーのワールドカップで、差別への反対を示すキャプテンマークをつける考えを示してきたヨーロッパの出場チームは、FIFA=国際サッカー連盟がこのマークをつけた選手に警告を出すと明らかにしたとして着用を断念することになりました。

20日にカタールで開幕したサッカーのワールドカップに出場する、ドイツやデンマークなど7つのヨーロッパのチームは、キャプテンが虹色のハートマークに「ONE LOVE」と書かれたキャプテンマークを腕に巻き差別への反対を訴える考えを示してきました。

ところが、ドイツのサッカー連盟は21日、UEFA=ヨーロッパサッカー連盟の作業部会による共同声明をウェブサイト上に掲載し「アームバンドが原因で選手たちが警告を出されたり、退場させられたりするのは受け入れられない」としてこのキャプテンマークをつけないよう要請したとしています。

その上で、「選手や監督は失望し、他の方法を考える」とし、活動を継続する考えを示しています。

イングランドは21日のイランとの試合でハリー・ケイン選手が別のキャプテンマークをつけて試合に臨み、選手たちはキックオフ直前に片方のひざを地面につける行動に出ました。

オランダのサッカー協会は21日の声明で、「FIFAがアームバンドを身につけた選手に警告を出すと明らかにした」などと方針を転換したいきさつを説明しています。

カタールでの性的マイノリティの人たちへの扱いをめぐっては、ヨーロッパの出場チームから批判の声が上がっていました。

イングランド代表 片ひざつける イラン代表 国歌斉唱せず

サッカーワールドカップの1次リーグのグループB、イングランド対イランの試合では、試合開始直前に、イングランド代表の選手たちが片方のひざを数秒間、地面につける場面がありました。このポーズは差別や不平等に抗議するものと見られます。
イングランドのガレス・サウスゲート監督は20日の会見で「片ひざをつけることについて話し合い、そうすべきだと感じている。特に若い人たちに包括的であることがとても大切だと理解してもらう上で、世界への力強い表明になると思う」と話していました。
一方、イラン代表も試合開始前の国歌斉唱の際、整列した選手たちが口を閉じて硬い表情のまま国歌を斉唱しませんでした。
イランでは、スカーフのかぶり方をめぐり逮捕された女性が死亡したことをきっかけに各地でデモが続いていて、抗議の意思を表明したと見られます。

イランサポーター「女性の自由」訴える人の姿も

2日目にイングランドとの初戦に臨んだ中東のイランではイスラム教の厳格な解釈のもとで統治が続いていて、ことし9月、22歳だった女性がスカーフのかぶり方が不適切だとして警察に逮捕されたあと死亡したことを受け、政府に抗議するデモが拡大していました。

試合が行われる、首都ドーハにあるハリファ国際スタジアムには、試合が始まる2時間ほど前から大勢のイランのサポーターが訪れスタジアムの外では「女性の生活に自由を」などと書かれたTシャツを着たり同じメッセージが記載された紙を高く掲げたりしてイラン国内での女性の自由を訴える人の姿も見られました。

スペイン在住のイラン人女性は「今イランで起きていることを多くの人に知ってもらい、女性の自由のために協力をお願いしたく、行動を起こしました。イラン代表チームにも行動することを期待しています」と話していました。