大相撲九州場所10日目 1敗の関脇 豊昇龍と大関 正代が対戦

大相撲九州場所は10日目、三役力士でただ1人1敗の関脇 豊昇龍は、角番の大関 正代と対戦します。

九州場所は9日目を終えて、1敗で関脇 豊昇龍と平幕の王鵬の2人が並び、2敗で高安、錦富士、阿炎の平幕の3人が続いています。

1敗の豊昇龍は10日目、大関 正代と対戦します。

通算成績では、豊昇龍が5勝3敗と勝ち越していますが、ことしに入ってからは2勝3敗と、きっ抗しています。

2人は右の相四つで、豊昇龍としては、今場所、相手によって変えている柔軟な立ち合いから、まわしを取って強じんな足腰を生かせる格好に持ち込みたいところです。

一方、角番の場所で4勝5敗と黒星が先行している正代は、立ち合いから踏み込んで本来の圧力を発揮できるかがポイントになります。

もう1人の1敗、王鵬は碧山と対戦します。

ことしの初場所で初めて顔を合わせた時は王鵬が敗れていて、今場所見せている押しの強さを、大きな碧山相手に発揮できるかが鍵を握ります。

2敗力士は、
▽高安が、今場所2大関を破っている新小結の翔猿と、
▽錦富士が、逸ノ城と、
▽阿炎は、3敗の竜電と対戦します。