神戸など少年事件記録廃棄問題 25日に有識者委の初会合 最高裁

神戸の児童連続殺傷事件など少年事件の記録が廃棄されていた問題で、最高裁判所は、保存の在り方や運用が適切だったかどうか検証するため、外部の有識者から意見を聞く委員会を、今月25日に開くことを決めました。

少年事件の記録について、最高裁判所は社会的に耳目を集めた事件などで「特別保存」が必要と判断した場合は永久的に保存するよう、全国の裁判所に指示していますが、各地の家庭裁判所で廃棄されていたことが明らかになりました。

この問題を受けて最高裁判所は、記録の保存の在り方や運用が適切だったかどうか検証するため、弁護士や大学教授など外部の有識者で作る委員会で意見を聞く方針で、今月25日に初めての会合を開くことを決めました。

これに先立ち、最高裁は、25年前に神戸で起きた児童連続殺傷事件の記録がすべて廃棄されていた問題について、今月10日から当時の神戸家庭裁判所の職員などに対して聞き取り調査を行っていて、25日の委員会で結果が報告される見通しです。

最高裁は委員会を複数回開催し、出された意見をもとに今後の対応を検討することにしています。