旭川女子中学生死亡 再調査 第三者委員に尾木直樹さんら起用へ

去年、北海道旭川市の雪の積もった公園で女子中学生が死亡しているのが見つかり、いじめが認定された問題で、市は遺族側が求めている再調査のために設置する新たな第三者委員会の委員に、尾木ママこと、教育評論家の尾木直樹さんなどを起用する方針を固めたことが市の関係者への取材で分かりました。

去年3月、旭川市の中学2年生だった廣瀬爽彩さん(当時14)が雪の積もった市内の公園で死亡しているのが見つかり、いじめが認定された問題で、遺族側は、市の教育委員会の第三者委員会がことし9月に公表した最終報告書の内容を不服として再調査を求めています。

旭川市は、新たに市の第三者委員会を設置して再調査を行うことにしていて、市の関係者によりますと、教育評論家の尾木直樹さんと精神科医の斎藤環さんを委員に起用する方針を固めたということです。

市は、第三者委員会の委員に合わせて5人を起用し、今月中に初会合を開いて再調査を始める方針です。

この問題をめぐって、遺族側は、改めて法律のいじめの定義にのっとったうえでいじめを認定することや、死亡といじめとの関連性などについて再調査や検証を求めています。