Jアラート 政府の説明「足りない」81% NHK世論調査

Jアラート=全国瞬時警報システムが出されたあとに国民がとるべき行動について、政府が十分説明していると思うか、NHKの世論調査で尋ねたところ、「十分説明している」が7%、「説明が足りない」が81%となりました。

NHKは、今月11日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2417人で、51%にあたる1236人から回答を得ました。

北朝鮮による弾道ミサイルの発射などの際に注意を呼びかけるJアラート=全国瞬時警報システムをめぐり、政府が、Jアラートが出されたあとに国民がとるべき行動を十分説明していると思うか尋ねたところ、「十分説明している」が7%、「説明が足りない」が81%でした。
また、2年後に健康保険証を廃止し、マイナンバーカードと一体化する政府の方針への賛否を聞いたところ、「賛成」が44%、「反対」が42%でした。