象牙を使わない箏の爪できる バイオマス素材で象牙に近い響き

ワシントン条約で国際的な取り引きが原則、禁止されている象牙を使わない箏の爪が新たに開発されました。植物由来のバイオマス素材で作られ、象牙に近い音の響きを実現したということです。

開発されたのは、植物の繊維を細かくほぐしたバイオマス素材、セルロースナノファイバーで作られた箏の爪で、大手商社や和楽器メーカーなどが14日から販売を開始しました。

箏の爪に使われる象牙は、1990年にワシントン条約で国際的な取り引きが原則、禁止されましたが、音の響きに影響する和楽器の部材としては、法律に基づく管理のもとで、限定的に国内での取り引きが認められてきました。

今回開発された箏の爪は、プラスチックを使った代替品より価格は5倍以上高くなりますが、象牙に近い音の響きや指へのなじみ方を実現したということです。

今後は三味線のバチなどの開発も検討しているということです。

実演したプロの箏奏者のLEOさんは「素材の吸水性や密度が象牙に近い」などと話していました。

象牙の取り引きをめぐっては、14日からパナマで行われるワシントン条約の締約国会議で、日本など国内での取り引きが限定的に認められている国の管理状況などが議題となる予定で、開発した大手商社などでは象牙の代替品の普及を進めていきたいとしています。