JR東日本 QRコードチケット導入へ 2024年度に東北エリアから

JR東日本は、切符の代わりにスマートフォンに表示したQRコードを使って駅を利用できるサービスを、2024年度以降導入すると発表しました。

発表によりますと、JR東日本は、ネットで購入したチケットを、スマートフォンにQRコードで表示し、改札を通過することができるサービスを導入します。

まずは現在、交通系ICカードが利用できない地域を中心にサービスを導入することにしていて、2年後の2024年度の後半から東北エリアでサービスを始める予定です。

将来的には、新幹線も含めてJR東日本の全線で利用できるようにする計画だということです。

会社では、このサービスの導入で切符の発行費用が抑えられるほか、改札機に切符が詰まるなどのトラブルが減って、メンテナンスにかかる負担の軽減にもつながるとしています。

JR東日本の深澤祐二社長は「交通系ICカードの利用可能エリアの拡大も進めるが、現時点ですべての駅に拡大することは難しいため、QRコードに対応することで非接触のニーズに応える。将来的にはチケットをなくすことを目指している」と述べました。