442年ぶりの天体ショー 皆既月食と天王星食 終わる

月全体が徐々に地球の影に覆われる皆既月食が8日夜、全国各地で観測されました。特に東京近辺から西にかけては、月が地球の影に完全に覆われる「皆既食」中に月の後ろに天王星が入る天王星食も見られました。皆既食と惑星食が同時に見られるのは日本では442年ぶりで、極めて珍しい天体ショーとなりました。

皆既月食は、月が地球の影に徐々に覆われていき、太陽と地球と月が一直線に並び、月全体が地球の影に完全に覆われます。

完全に覆われた状態を「皆既食」と呼び、太陽光の一部の赤い光が月を照らし、赤黒い色に見えるのが特徴です。

今回の皆既月食では全国どこでも午後6時9分ごろから月が欠け始め、7時16分ごろから8時42分ごろまで月が地球の影に完全に覆われる「皆既食」の状態を経て、9時49分ごろに明るい満月に戻りました。
今回、国内のほとんどの地域では天王星が月の後ろに入る天王星食が同時に見られ、特に東京近辺から西にかけては皆既食の最中に天王星食が見られました。
このうち、山口市にあるNHK山口放送局に設置しているカメラからの映像では、天王星は画面の左下から徐々に月へと近づき、午後8時24分になった時点で月と接しているような状態となりました。

そして20秒余りで月の後ろへと入り込み、天王星は全く見えなくなりました。
また、神奈川県秦野市でNHKが撮影した映像では、赤黒く光る皆既食の月に向かって天王星が徐々に近づき、午後8時39分ごろに月の輪郭に触れたあと月の後ろに入って見えなくなる様子が30秒ほどにわたって捉えられていました。
国立天文台によりますと、日本で皆既食中に、天王星食のような惑星食が見られるのは1580年以来442年ぶりで、次回は322年後の2344年の土星食と予想され、極めて珍しい天体ショーとなりました。