日本ハム新球場 グラウンドのサイズが野球規則の基準満たさず

来年3月に開業予定のプロ野球、日本ハムの新球場について、プロ野球の実行委員会の中で、グラウンドのサイズが「公認野球規則」の基準を満たしていないという指摘を受けたことが分かりました。これについて、日本ハムは「現在、球団内で対応を協議している」としています。

全体工事の95%ほどが完了も…

日本ハムの新球場の運営会社によりますと、北海道北広島市で建設されている球場は、来年3月の開業に向けて、全体工事の95%ほどが完了していますが、7日に開かれた12球団による実行委員会の中で、グラウンドのサイズについて指摘を受けたということです。

具体的には、「公認野球規則」では球場の設定として、ホームベースからバックネット側にあるフェンスなどの距離は60フィート、18メートル余りが必要と規定していますが、新球場では15メートルほどの距離になっていることについて、基準を満たしていないと指摘されたということです。

運営会社はこれまで、新球場の特徴の一つとして、客席とグラウンドが近いことをあげていました。

指摘を受けて、日本ハムは「現在、球団内で対応を協議している」としています。