マスク氏「共和党に投票を」 政治的中立性と相反の投稿で波紋

ツイッターを買収し、CEOに就任した起業家のイーロン・マスク氏が、投票を翌日に控えたアメリカの中間選挙について、無党派層の有権者に対し、野党・共和党に投票するよう勧める内容を投稿しました。ツイッターは政治的な中立性を保つべきだとのマスク氏のこれまでの考えと相反する主張で波紋を呼んでいます。

ツイッターのイーロン・マスクCEOは7日、自身のツイッターに、無党派層の有権者へと題して「権力の共有は、両党の行き過ぎた対応に歯止めをかける。大統領職が民主党なら、議会は共和党候補に投票することを勧める」などと投稿しました。

マスク氏はことし4月、ツイッターは政治的な中立を保つべきだという考えを示していましたが、今回の投稿はこれと相反する内容で波紋を呼んでいます。

一方、マスクCEOは、この投稿からおよそ6時間後、「はっきりさせておくが私は無党派で、ことしまではずっと民主党に投票してきた」などと弁解とも受け取れる内容も投稿しています。

また、アメリカの有名コメディアンのツイッターアカウントがマスク氏になりすましたことを理由に凍結されました。

マスク氏は買収後、「コメディーはツイッター上で今や合法になった」と投稿していましたが、今回、パロディと明記しないかぎり、なりすましをした人のアカウントを永久停止するとしており、困惑が広がっています。