日産とルノー 資本関係対等立場へ見直す協議 早期合意目指す

日産自動車とルノーは、今の資本関係を対等な立場に見直す協議で早期の合意を目指しています。これまでの協議では技術特許の第三者への提供などで意見の隔たりがあり、合意に向けた妥結点を探る詰めの交渉が続いています。

日産とルノーは、ルノーが日産の株式を43%持つ大株主なのに対し、日産が持つルノーの株式は15%にとどまっていることから、この資本関係を対等な立場に見直し、ルノー側の保有比率を15%に引き下げることを軸に協議を続けています。

関係者によりますと、両社は早期の合意を目指すことで一致していますが、これまでの協議では依然、意見の隔たりがあるということです。

特に、エンジンなどに関する技術特許の第三者への提供をめぐり、日産側は中国への流出を念頭に保有するエンジンなどの特許の保護が必要だと主張しています。

また、ルノーが計画しているEV=電気自動車の分社化で日産側に出資を求めていることに関連し、事業の収益性などの具体的な見通しを示すよう求めています。

その一方で、両社は異業種も参入しグローバル競争での生き残りが差し迫った課題となる中、提携関係を続けることでは一致しており、合意に向けた妥結点を探る詰めの交渉を続けています。