岸田首相 ワクチン接種加速 自治体に協力要請 全国知事会議

新型コロナの第8波や、インフルエンザとの同時流行が懸念される中、岸田総理大臣は、全国知事会との会合で、ワクチン接種の加速に向けた自治体の協力を要請しました。

政府主催の全国知事会議が7日夜、総理大臣官邸で開かれ、岸田総理大臣は、新型コロナ対策について「この冬のインフルエンザとの同時流行に備えるため、外来などの保健医療体制のさらなる拡充や、オミクロン株に対応したワクチン接種の最大限の加速が必要となる。都道府県の協力が不可欠だ」と述べ、ワクチン接種の加速に向けた協力を求めました。

これに対して、全国知事会の会長を務める鳥取県の平井知事は「第8波に入り始めていると認識をせざるをえない状況だ。ワクチン接種を、国と地方が協力してやっていかなければならない」と応じました。